福祉用具専門相談員指定講習会オンライン研修 | 福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院

東京都指定調査機関
社団法人シルバーサービス振興会指定研修機関
公益財団法人東京都福祉保健財団指定研修機関
福祉用具専門相談員養成機関

福祉用具専門相談員指定講習会

介護

【福祉用具オンライン研修】
大好評につき継続中!新コースも続々追加!オンラインで早く資格を取得したい!そんな方に最適なオンライン研修講座です。
会場受講と同等以上のクオリティの研修を開催しており、会場受講と同じ修了証が発行されます。
受講料金は、業界最安値45,000円(税込)※テキスト代込み

福祉用具専門相談員とは

福祉用具貸与事業所及び特定福祉用具販売事業所並びに介護予防福祉用具貸与事業所及び介護予防特定福祉用具販売事業所 (以下「福祉用具貸与事業所等」という。)において、福祉用具の選定の援助、機器等の点検、使用方法の指導等を行う者をいい、 都道府県が指定する事業者により行われる「福祉用具専門相談員指定講習」の修了者(平成18年4月1日前は、厚生労働大臣が指定する事業者により行われた「福祉用具専門相談員指定講習」の修了者)としています。
福祉用具貸与事業者等は、「福祉用具専門相談員」を必ず配置しなければなりません。尚、下記の資格者の配置により、福祉用具専門相談員の配置とみなすことができます。

1. 保健師 2. 看護師 3. 准看護師 4. 理学療法士 5. 作業療法士 6. 社会福祉士 7. 介護福祉士 8. 義肢装具士

福祉用具専門相談員指定講習会
オンライン研修

会場受講とほぼ同じクオリティの研修を開催。
会場受講と同じ修了証が発行されます。

このような方におすすめです!

  • ・新入社員に資格を早く取らせたい
  • ・新しい部署に変わる(変わった)ので資格を取得したい
  • ・電車やバスに乗って通学するのが、まだ不安
  • ・住んでる(勤めている)地域で研修が行われていない
  • ・参加したかった日程の研修が満席だった
  • ・遠距離通学での交通費や宿泊費をかけたくない

パソコンやネット環境が無い方もお任せ!

受講環境を全て整えたパソコン・WiFi をセットで貸出しいたします!レンタル費 15,000円(インターネット代金6日分・ 往復送料・消費税込み)

オンライン研修

概要

2021.6月コース
6/28,29,30,7/1,2,3
【動作確認】参加必須
6/25 10:00~11:00
満席
2021.7月コース
7/5,6,7,8,9,10
【動作確認】参加必須
7/2 10:00~11:00
満席
2021.7月コース
7/12,13,14,15,16,17
【動作確認】参加必須
7/9 10:00~11:00
満席
2021.7月コース
7/19,20,21,22,23,24
【動作確認】参加必須
7/16 10:00~11:00
満席
2021.7月コース
7/26,27,28,29,30,31
【動作確認】参加必須
7/23 10:00~11:00
満席
2021.8月コース
8/2,3,4,5,6,7
【動作確認】参加必須
7/30 10:00~11:00
満席
2021.8月コース
8/9,10,11,12,13,14
【動作確認】参加必須
8/6 10:00~11:00
満席
2021.8月コース
8/16,17,18,19,20,21
【動作確認】参加必須
8/11 10:00~11:00
満席
2021.8月コース
8/23,24,25,26,27,28
【動作確認】参加必須
8/20 10:00~11:00
今すぐネットで
簡単お申し込み
2021.8月コース
8/30,31,9/1,2,3,4
【動作確認】参加必須
8/27 10:00~11:00
今すぐネットで
簡単お申し込み
実施方法 Zoom(Zoom経験者、またはZoom経験者のサポートを受けられる方)
※Zoomは無料でダウンロードできるアプリケーションです。(無料版のご利用で大丈夫です)
受講料金 45,000円(税込)※テキスト代込み
お申込み後1週間以内に受講料をお振込みください。
振込先 三菱UFJ銀行 神田駅前支店 普通口座 0774514
口座名 お茶の水ケアサービス学院株式会社
申込方法 コース右記にある「今すぐネットで簡単お申し込み」ボタンからお申し込みください。
または電話、FAX(下記所定の用紙)、メールでもお申し込みできます。
福祉用具専門相談員指定講習会申込確認書(オンライン研修)(PDF)はコチラをクリックして印刷してください

※定員に達していた等の理由でお申し込みを受け付けられない場合は、後程担当からご連絡をさせていただきます。

オンライン研修カリキュラム

オンライン研修50時間研修カリキュラム(※カリキュラム内の各項目の順番が変更になる事があります。)

1日目のスケジュール
受講時間 科目
ZOOM 8:40 ~ 9:00 入室確認後、事務局連絡
1 9:00 - 10:00 福祉用具の役割
2 10:15 - 11:00 福祉用具専門相談員役割と職業倫理
3 11:10 - 12:10 介護保険制度等の考え方と仕組み①
ZOOM 3の受講終了後即時 事務局連絡
ZOOM 12:55 - 13:05 入室確認後、事務局連絡
4 13:05 - 14:30 介護保険制度等の考え方と仕組み②
5 14:40 - 15:40/td> 介護サービスにおける視点①
6 15:50 - 16:55 介護サービスにおける視点②
7 17:05 - 18:40 からだとこころの理解(認知症の理解と対応)
ZOOM 7の受講終了後即時 事務局連絡
2日目のスケジュール
受講時間 科目
ZOOM 8:50 - 9:00 入室確認後、事務局連絡
1 9:00 - 10:20 からだとこころの理解①
2 10:30 - 11:55 からだとこころの理解②
3 12:05 - 12:55 からだとこころの理解③
ZOOM 3の受講終了後即時 事務局連絡
ZOOM 13:35 - 13:45 入室確認後、事務局連絡
4 13:45 - 14:45 リハビリテーション①
5 14:55 - 16:10 リハビリテーション②
6 16:20 - 17:20 高齢者の日常生活の理解①
7 17:30 - 18:30 高齢者の日常生活の理解②
8 18:40 - 19:40 介護技術①
ZOOM 8の受講終了後即時 事務局連絡
3日目のスケジュール
受講時間 科目
ZOOM 8:50 - 9:00 入室確認後、事務局連絡
1 9:00 - 9:45 介護技術②
2 9:55 - 10:55 介護技術③
3 11:05 - 12:05 介護技術④
ZOOM 3の受講終了後即時 事務局連絡
ZOOM 12:45 - 12:55 入室確認後、事務局連絡
4 12:55 - 13:45 住環境と住宅改修①
5 13:55 - 14:40 住環境と住宅改修②
6 14:50 - 16:10 福祉用具の特徴・活用【排泄①】
7 16:20 - 17:40 福祉用具の特徴・活用【排泄②】
8 17:50 - 19:10 福祉用具の特徴・活用【入浴】
ZOOM 8の受講終了後即時 事務局連絡
4日目のスケジュール
受講時間 科目
ZOOM 8:50 - 9:00 入室確認後、事務局連絡
1 9:00 - 10:30 福祉用具の特徴・活用【移動①】
2 10:40 - 11:30 福祉用具の特徴・活用【移動②】
3 11:40 - 12:30 福祉用具の特徴・活用【移乗①】
ZOOM 3の受講終了後即時 事務局連絡
ZOOM 13:10 - 13:20 入室確認後、事務局連絡
4 13:20 - 14:15 福祉用具の特徴・活用【移乗②】
5 14:25 : 16:00 福祉用具の特徴・活用【移乗③】
6 16:10 - 17:10 福祉用具の特徴・活用【起床とじょくそう①】
7 17:20 - 18:50 福祉用具の特徴・活用【起床とじょくそう②】
ZOOM 7の受講終了後即時 事務局連絡
5日目のスケジュール
受講時間 科目
ZOOM 8:50 - 9:00 入室確認後、事務局連絡
1 9:00 - 9:55 福祉用具の特徴・活用【衣服①】
2 10:05 - 10:55 福祉用具の特徴・活用【衣服②】
3 11:05 - 12:30 福祉用具の特徴・活用【自助具】
ZOOM 3の受講終了後即時 事務局連絡
ZOOM 13:10 - 13:20 入室確認後、事務局連絡
4 13:20 - 14:40 福祉用具の特徴・活用【コミュニケーション・社会参加関連用具】
5 14:50 - 16:05 福祉用具貸与計画等の意義と活用①
6 16:15 - 17:10 福祉用具貸与計画等の意義と活用②
7 17:20 - 18:15 福祉用具貸与計画等の意義と活用③
8 18:25 - 19:25 福祉用具貸与計画等の意義と活用④
ZOOM 8の受講終了後即時 事務局連絡
6日目のスケジュール
受講時間 科目
ZOOM 8:50 - 9:00 入室確認後、事務局連絡
1 9:00 - 10:05 福祉用具の役割・供給の仕組み①
2 10:15 - 11:20 福祉用具の役割・供給の仕組み②
3 11:30 - 11:55 福祉用具貸与計画等の意義と活用⑤
ZOOM 3の受講終了後即時 事務局連絡
ZOOM 12:35 - 12:45 入室確認後、事務局連絡
4 12:45 - 15:15 福祉用具による支援の手順と福祉用具貸与計画等の作成①
5 15:25 - 17:50 福祉用具による支援の手順と福祉用具貸与計画等の作成②
ZOOM 18:00 - 19:20 修了評価
ZOOM 19:20 - 19:30 事務局連絡

講師紹介

オンライン研修50時間研修カリキュラム(※カリキュラム内の各項目の順番が変更になる事があります。)

石橋 亮一(いしばしりょういち)

介護保険制度等の考え方と仕組み、介護サービスにおける視点、高齢者の日常生活の理解、介護技術 他

資格

介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、介護予防運動指導員
福祉住環境コーディネーター2級、東京都福祉サービス第三者評価 評価者
公衆衛生学修士

略歴

旧厚生省国立公衆衛生院専門課程修了。
社会福祉法人同胞互助会にて特別養護老人ホーム、在宅介護支援センター、株式会社ベネッセコーポレーションにてホームヘルプサービス、居宅介護支援事業等に従事。
現在は、東京電機大学工学部・未来科学部 非常勤講師(介護福祉論・生活支援工学を担当)。
その他の学校や地域、介護サービス事業者の研修講師、アドバイザー、介護認定審査会委員、東京都第三者評価員、介護サービス情報の公表制度調査員等を兼務しています。

担当科目

介護保険制度等の考え方と仕組み
介護サービスにおける視点
高齢者の日常生活の理解
介護技術 他

著書等

「居宅ケアプランと連動した訪問介護計画」 日総研出版
「ケアマネジャー試験らくらく暗記マスター」 中央法規出版
「ケアマネ知恵袋 社会資源・制度活用 上手なつなげ方」(共著)日総研出版

金沢 善智(かなざわよしのり)

からだとこころの理解、リハビリテーション、福祉用具専門相談員の役割と職業倫理、福祉用具の供給の仕組み、福祉用具貸与計画書の意義と活用、福祉用具による支援の手順と福祉用具貸与計画等の作成、福祉用具の特徴・活用 他

資格

理学療法士、工学修士、医学博士

略歴

弘前大学・同大学院 医学系研究科助教授
目白大学 保健医療学部教授
現在は、株式会社バリオン 代表取締役
介護環境研究所 所長
一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会 理事
一般社団法人 福祉住環境アソシエーション 理事

全国での講演活動を展開されているほか、福祉用具に関する施策に深く関わっています。
また、福祉用具サービス計画書のベースを作られた先生です。

担当科目

からだとこころの理解
リハビリテーション
福祉用具専門相談員の役割と職業倫理
福祉用具の供給の仕組み
福祉用具貸与計画書の意義と活用
福祉用具による支援の手順と福祉用具貸与計画等の作成
福祉用具の特徴・活用 他

著書等

「居宅ケアプランと連動した訪問介護計画」 日総研出版
「ケアマネジャー試験らくらく暗記マスター」 中央法規出版
「ケアマネ知恵袋 社会資源・制度活用 上手なつなげ方」(共著)日総研出版

牧野 美奈子(まきのみなこ)

介護保険制度等の考え方と仕組み、介護サービスにおける視点、高齢者の日常生活の理解、介護技術、福祉用具の特徴・活用 他

資格

介護福祉士、看護師、介護支援専門員、介護予防主任運動指導員、東京都福祉第三者評価 評価者、キネステテックベーシックトレーナー、日本コンチネンス協会認定 コンチネンスアドバイザー

略歴

1996年 コンチネンスジャパン株式会社 就職
2009年 コンチネンスジャパン株式会社 退社
現在は、武蔵野市高齢者総合センター 補助器具センター専門相談 非常勤務
新潟医療福祉大学 義肢装具自立支援学科 非常勤講師
日本老年泌尿器科学会排尿管理相談員
日本泌尿器科学会所属

担当科目

介護保険制度等の考え方と仕組み
介護サービスにおける視点
高齢者の日常生活の理解
介護技術
福祉用具の特徴・活用 他

著書等

福祉用具の活用法(共著) 北隆館(2002年)
生活をささえる福祉機器(共著) 東京都高齢者研究・福祉振興財団(2003年)
オムツ百科(共著) 日本看護協会出版会(2004年)
福祉用具の選択・活用法(共著) 東京都高齢者研究・福祉振興財団(2007年)
DVD排泄用具の選び方・使い方の基礎 お茶の水ケアサービス学院(2013年)

受賞

2007年日本老年泌尿器学会 学会長賞受賞

望月 彬也(もちづきよしなり)

からだとこころの理解、リハビリテーション、福祉用具専門相談員の役割と職業倫理、福祉用具の供給の仕組み、福祉用具貸与計画書の意義と活用、福祉用具による支援の手順と福祉用具貸与計画等の作成、福祉用具の特徴・活用 他

資格

理学療法士、介護支援専門員、介護予防主任運動指導員、中小企業診断士
東京都福祉サービス第三者評価 評価者

略歴

有限会社 望月彬也リハデザイン代表取締役「有終の美を飾る」が会社の理念。
スキー用具メーカーで研究開発中骨折、リハビリテーション治療。それが縁で理学療法士の資格を取得する。
公益財団法人東京都福祉保健財団 福祉情報部福祉情報室 地域支援専門相談員、介護認定審査会、東京都福祉サービス第三者評価評価者、中小企業診断士として活動しています。
また、工業デザイナーでもあり、専門分野は、ユニバーサルデザイン。ライフワークは「福祉用具の研究開発及び普及」としています。
近年では、NPO法人日本介護予防協会理事、うつぶせ寝健康協会会長としても活動しています。

担当科目

からだとこころの理解
リハビリテーション
福祉用具専門相談員の役割と職業倫理
福祉用具の供給の仕組み
福祉用具貸与計画書の意義と活用
福祉用具による支援の手順と福祉用具貸与計画等の作成
福祉用具の特徴・活用 他

著書等

「新訂 福祉用具専門相談員 研修テキスト」一般社団法人シルバーサービス振興会
「利用者が知っておくべき福祉住環境コーディネート」(共著)東京都高齢者研究・福祉振興財団
「ケアマネジャーが知っておくべき福祉住環境コーディネート」(共著)東京都高齢者研究・福祉振興財団
「工務店が知っておくべき福祉住環境コーディネート」(共著)東京都高齢者研究・福祉振興財団

青谷 万喜(あおたにまき)

リハビリテーション、福祉用具の特徴・活用 他

資格

作業療法士

略歴

昭和61年に作業療法士の資格を取得後、10年以上にわたり作業療法の視点からの機能訓練全般に携わってきました。現在は、通所リハビリテーション施設等で、在宅復帰を目指した機能訓練・装具療法・福祉用具の検討を行っています。

担当科目

リハビリテーション
福祉用具の特徴・活用 他

縄井 清志(なわいきよし)

からだとこころの理解、リハビリテーション、福祉用具専門相談員の役割と職業倫理、福祉用具の供給の仕組み、住環境と住宅改修、福祉用具貸与計画書の意義と活用、福祉用具による支援の手順と福祉用具貸与計画等の作成、福祉用具の特徴・活用 他

資格

専門理学療法士(生活環境支援、教育管理、基礎)、修士、医学博士、介護支援専門員、救急隊員資格、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師教育課程講師
学校法人モード学園「学校関係者評価委員」

略歴

理学療法士として病院および在宅にてリハビリテーション全般に関わってきました。
学校法人湘南ふれあい学園茅ヶ崎リハビリテーション専門学校に勤務されました。
現在は、つくば国際大学医療保健学部理学療法学科の教授として、理学療法士となる生徒の育成に 取り組んでいます。これまでの経験や研究を活かしたリハビリテーションの視点からの福祉用具の活用についての講義を行っています。
現 在
つくば国際大学医療保健学部理学療法学科 教授
公益社団法人 日本理学療法士協会 理学療法管理部門運営幹事 
バイオフィリアリハビリテーション学会 理事
公益社団法人 日本リハビリテーション医学会 所属
日本リハビリテーション連携科学学会 所属
日本予防医学リスクマネージメント学会 所属

担当科目

からだとこころの理解
リハビリテーション
福祉用具専門相談員の役割と職業倫理
福祉用具の供給の仕組み
住環境と住宅改修
福祉用具貸与計画書の意義と活用
福祉用具による支援の手順と福祉用具貸与計画等の作成
福祉用具の特徴・活用 他

著書等

「福祉用具」地域理学療法学 第3版 医学書院(2013年)
「下肢装具」義肢装具テキスト 改定第2版 南江堂(2013年)
「安全管理論」理学療法実習ワークブック 診断と治療社(2011年)
「福祉用具を活用するための役割とは」地域理学療法にこだわる 文光堂(2010年)

溝口 千恵子(みぞぐちちえこ)

住環境と住宅改修

資格

一級建築士

略歴

日本女子大学住居学科卒業
昭和63年 株式会社福祉開発研究所にて特別養護老人ホームの設計業務
平成2年 女性建築士を中心に高齢者の住まいの研究会「高齢者住環境研究会」を発足
平成5年 株式会社高齢者住環境研究所設立

現在
株式会社高齢者住環境研究所 代表取締役 会長
高住研キヨタ株式会社 取締役 会長
NPO法人 福祉・住環境人材開発センター 理事
福祉住環境コーディネーター協会 副会長

実績

バリアフリー住宅の新築設計およびバリアフリーリフォームの実績15,000件以上

担当科目

住環境と住宅改修

著書等

「ケアプランに欠かせない住宅改修モデル100」 日本看護協会出版社
「生活にあわせたバリアフリー住宅 Q&A」 ミネルヴァ書房
「高齢者のための住環境整備」 厚生科学研究所
「バリアフリー住宅プラン実例集」 講談社
「定年前リフォーム」 文春新書

田島 利子(たじまとしこ)

介護保険制度等の考え方と仕組み、介護サービスにおける視点、高齢者の日常生活の理解、からだとこころの理解、介護技術 他

資格

介護福祉士、介護支援専門員、認知症ケア専門士、上級認知症ケア指導管理士

略歴

日本でもモデル的なグループホームの礎をつくったグループホーム管理者。
現場の業務に精通したスペシャリスト。介護現場の実情を踏まえた実践的な講義が好評です。
全国にて介護従事者の育成に尽力。全国で介護従事者及び事業者向け研修会の講師として活躍しています。

担当科目

介護保険制度等の考え方と仕組み
介護サービスにおける視点
高齢者の日常生活の理解
からだとこころの理解
介護技術 他