介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>
  3. フレイル・ロコモティブシンドローム基礎研修

個人情報管理研修
情報漏洩のリスクに必要な対策とそのポイント

 現場では、サービス提供上、利用者及び家族の繊細な個人情報を詳細に知ることになります。そのため、事業所においては個人情報の適正な取扱いが強く求められることから、厚生労働省が「福祉関係事業者における個人情報の適正な取扱いのためのガイドライン」「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイダンス」を示しています。これらのガイドラインを職員一人ひとりに徹底する必要があります。
 個人情報の不適切な取扱いをしてしまった場合、利用者の社会的評価を下げてしまい、民事責任を問われる可能性もあります。また、職場内における不適切な写真がSNS上に載ってしまい、ニュースとして大きく取り上げら、事業所の信用が失墜してしまうことにも繋がります。これからの時代は、SNSからの情報漏洩に対しても、徹底して教育していかなければなりません。
 本研修では、職員一人ひとりに個人情報の取扱い、情報漏洩のリスクに関して、さまざまな事例を通して、わかりやすくお伝えするカリキュラムとなっております。
 利用者やその家族が、直接職員個人を訴える可能性もあります。法人・事業所がその職員を守れるためにも、職員一人ひとりにガイドライン遵守を徹底していくために、また、情報漏洩の影響の大きさを知ってもらうために本研修を企画しました。
講 師 講師:渡邊信介(わたなべ・しんすけ)
介護老人保健施設星のしずく事務長/医療法人財団百葉の会静岡富士宮事業部運営管理/作業療法士/介護支援専門員

北里大学医療衛生学部作業療法学専攻を卒業後、静岡済生会総合病院リハビリテーション科勤務、医療法人財団百葉の会介護老人保健施設鶴舞乃城、新規開設から作業療法士として勤務。その後、事務長として勤務。現在、医療法人財団百葉の会静岡富士宮事業部運営管理兼星のしずく事務長として勤務。
カリキュラム ◎あなたにとって知られたくない個人情報とは?
◎情報を守るべき範囲
◎経済的損失レベル・精神的苦痛レベル
◎情報漏洩原因の傾向とその分析
◎情報に関する整理整頓・管理・適正な処理
◎外部からの訪問・電話による情報漏洩
◎車中への置忘れ
◎私物管理も大事な役割
◎SNSによる情報漏洩
◎在籍中だけでなく、退職後の情報管理について
対 象 どなたでも受講可能
料 金 11,000円(税込) ※ネット配信サービス加入者は半額での受講が可能です!!
主 催 お茶の水ケアサービス学院
申込方法 受講案内を送付致しますので、受講案内が届いた後お振込み願います。

福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.