介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>
  3. 『五感対話法(CF法)』研修会

『五感対話法(CF法)』研修会

 五感対話法とは、認知症をはじめ、自らの存在に対する問いや痛みを抱え、対話に困難を感じている人々のための日本発のスピリチュアル・ケアとしてのコミュニケーション法になります。この五感対話法を用いることで期待されていることは、対象とする方のスピリチュアル・ペインに寄り添い、受け止めることが可能となり、お互いの信頼関係の向上と心の安寧につなげていくことになります。対象には、終末期の方、認知症の方、自殺念慮などのさまざまな苦しみ、喪失感を抱えている人になります。
 初めてお聞きになる『五感対話法』をこの機会にお学びいただき、知識の習得、さらにロールプレイ演習を通して、体験的に技術を身につけていただければ幸いです。
講 師 講師:都村尚子(つむら・なおこ)
五感対話ネットワーク代表理事/関西福祉科学大学大学院社会福祉学部教授/臨床教育学博士

教授として、普段は教壇に立ちながらも、さまざまな事業所、施設からのご要請が多く、認知症の方をはじめ、対話に困難を感じている人々のために、五感対話法を実践。現在は、その五感対話法の普及に努められている。 なお、2009年〜2018年にかけて6期にわたりワーカーコースの講師としてバリデーションワーカーの養成に携わる。
カリキュラム 1.五感対話法とは、何か?
 ●定義 ●目的 ●ゴール ●対象者
2.五感対話法における「軸」について
 ●五感を研ぎ澄ます ●ホスピタリティーを保つ ●わかちあう ●アシストする ●統合を支える
3.五感対話法における「技」について
 ●マインドフルネス ●反復する ●待つ ●鏡になる ●明確化する ●触れる ●たずねる
4.五感対話法における「共感」とは?
5.ファースト・コンタクト
 ●理論と実際(デモンストレーション) ●ロールプレイ演習
6.CF法の動画視写
7.CF法における演習
 ●マインドフルネス ●反復 ●鏡になる ●五感を研ぎ澄ます ●ファースト・コンタクト
対 象 どなたでも受講可能
料 金 11,000円(税込) ※ネット配信サービス加入者は半額での受講が可能です!!
主 催 お茶の水ケアサービス学院
申込方法 受講案内を送付致しますので、受講案内が届いた後お振込み願います。

福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.