介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>
  3. 介護施設及び事業所の看護師の専門性を活かすための基礎研修

介護施設及び事業所の看護師の専門性を活かすための基礎研修

 介護施設、デイサービス、小規模多機能型居宅介護看護等においては、医療的支援の必要性から看護師の配置が人員基準に定められています。また、高齢化により医療的支援のニーズが高まるなか、看護師の役割は年々重要度が増してきています。
 一方、生活を支えることを主眼とする介護部門において、医療の専門家である看護師の役割や取り組みが十分に理解されていないケースも多く見受けられます。
 本研修では、介護施設、デイサービス、小規模多機能型居宅介護看護等で求められる看護師の役割を理解し、その専門性を発揮するために、どのような視点や考え方が重要であるかを点検します。更に、介護部門との円滑な連携を推進するためのポイントも学びます。講師には、特別養護老人ホームの施設長として活躍されてきた看護師をお招きし、講義を展開してまいります。介護事業所の看護師のみならず、施設及び事業所の経営層にも参加いただきたいカリキュラムに致しました。この機会にぜひご参加いただき、看護師の専門性を高齢者の生活の支援に繋げていただけることを願っております。

講 師 大瀧厚子先生 保健師・看護師・介護支援専門員 福祉施設士・元特別養護老人ホーム施設長
慶応義塾大学病院の内科病棟に勤務した後、介護老人保健施設の立ち上げ、平成14年に特別養護老人ホームの施設長に就任。現在は独立され、介護職や医療職を対象にターミナルケアや医療に関する講演を全国で展開中。主な著書:『生活の場のターミナルケア』、『介護スタッフのための安心!医学知識』、『介護職のための医学知識ガイドブック』、『ここから始める介護』ほか著書多数
内 容 介護事業所での看護師の役割
(1)事業所での役割と専門性(2)専門職としての視点と考え方(3)利用者の重度化、医療ニーズへの対応
専門性を活かした他職種との連携
(1)連携の知識と技術(2)他職種から報告をもらうポイント(3)他職種と連携したケアの提供とは
人材育成
(1)人材育成について(2)教育の基本と取り組み
まとめ 
(1)まとめ
対 象 看護師、事業所経営層の他、どなたでも受講可能
主 催 お茶の水ケアサービス学院
支払方法 受講案内を送付致しますので、受講案内が届いた後お振込み願います。
※ネット配信サービス加入者は半額での受講が可能です!!

福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.