介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>
  3. 介護記録研修

介護記録研修(記録全般の質の向上を目指す)

 記録の充実には、個々の職員の記録の能力向上、書式の改善、体制整備が重要です。しかし、どれをとっても一朝一夕に成果を出すことはできません。
 本研修では、記録全般について事業所のコンサルテーションを行う講師が担当し、如何に記録の充実を図るか、事例などを活用しながら実践的な方法をお伝えします。
 『いつでも誰でも文章を一回読んで理解できるような記録』をするにはどのようにすると良いのか、具体的かつ理論的に学習し、理解を深めます。今回の研修に参加することで、分かりやすい記録に劇的に変化できるものと信じております。

講 師 講師 神 智淳(じんとみあつ)老年学修士 お茶の水ケアサービス学院学院長 日本健康医学会 監事
福祉サービス第三者評価者、介護サービス情報公表の調査員指導者。記録を中心として給付ソフト会社及び介護施設のコンサルティングを行う。福祉介護テクノプラス編集委員、介護・生活支援ロボット普及推進協議会アドバイザー。厚生労働省福祉用具サービス計画書のガイドライン作成の委員等多数歴任
内 容 I、記録の目的 (1)記録の目的(2)記録が薄くなる背景(3)記録の構造(4)記録を書けない本質
II、記録の基本 (1)記録に求める基本的要素(2)記録の形態(3)記録を深めるツールや方法
III、記録の実際 (1)事例から学ぶ記録の確認のポイント(2)事例から学ぶ記録の注意事項
IV、記録の実際 (1)事例から学ぶ書式の確認のポイント(2)事例から学ぶ書式の注意事項
V、個人演習 (1)個人演習(2)解説
VI、記録の体制 (1)記録を活かす基礎知識(2)サービス向上に繋げるための具体的な取り組み
VII、記録のまとめ (1)記録のまとめ(2)取り組みの優先順位
対 象 どなたでも受講可能
料 金 10,800円(税込) ※ネット配信サービス加入者は半額での受講が可能です!!
主 催 お茶の水ケアサービス学院

福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.