介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>
  3. 職員の育成及び連携のための『伝える力』『聞く力』向上研修

職員の育成及び連携のための『伝える力』『聞く力』向上研修

 職員間のコミュニケーションの基礎を学び、人材育成及び連携強化を図る!

 対人援助が中心となる介護業務において、職員自身はコミュニケーションをとることを得意と思っている方が多いかもしれません。しかし、『情報』を正しく伝えたり、正しく聞き取ったりする技術を職員全員が持っているケースは極めて少ないのが現状です。その証拠に「指示した内容が正しく伝わらない」、「部下からの報告の内容が良く分からない」、「情報共有ができない」などの事象がいつでも、どこでも、誰にでも生じています。そして、情報が正しく伝達できなかったり、情報共有が十分でなかったりすることで事故に至ることもあるはずです。
 情報の伝達(伝えたり、聞き取ること)には、専門的な技術が必要です。しかし、残念なことに、現在の教育制度(義務教育、高等教育を含め)では、その技術を習得する機会はありません。ある意味、職員間で情報を伝達できないのは、当たり前のことなのです。これでは、『職員連携』は円滑にできるはずはありません。また、十分な連携ができなければ『職員の育成』にも限界が生じます。
 本研修では、『伝える力』と『聞く力』を高めることを通して、『職員の連携』及び『人材の育成』を図るための基礎を学びます。

講 師 神 智淳 老年学修士
お茶の水ケアサービス学院 学院長  日本健康医学会 監事

福祉サービス第三者評価者、介護サービス情報公表の調査員の指導・育成に従事。各公益団体との共同研究や外部評価に関する講演や執筆活動を行うと共に、介護施設等のコンサルティングを行う。厚生労働省の老人保健健康推進事業として、「福祉用具専門相談員の質の向上に向けた調査研究事業」の検討委員。
内 容 (1)報告・連絡・相談について
(2)なぜ情報が伝わらないのか
(3)伝える力(正しく伝える知識と技術)
(4)聞く力(正しく聞く知識と技術)
(5)人材育成のためのコミュニケーションの知識と技術
(6)演習
対 象 介護従事者全般、事務職員等
料 金 10,800円(税込) ※ネット配信サービス加入者は半額での受講が可能です!!
主 催 お茶の水ケアサービス学院

福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.