介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>
  3. 職員の教育効果を高めるための基礎研修

「患者により良い看護」を提供するために看護師長(管理者)が果たすべき行動

〜「部署,委員会」の組織運営により,看護を「改善」に導く方法〜

 看護師長(管理者)の役割は、部署はもとより看護部全体の「看護の質を保証」することが求められます。つまり「患者によりよい看護を適切に提供する」ために、看護師長は部署や看護部内で、主として委員会等で改善活動を推進していきます。これらの改善活動を通して、最終的には、「最前線で看護実践をしている看護師」を支援することになります。
 ところが、部署も委員会も毎年同じような活動を繰り返した結果、「何も変化しない」、「成果がでない」状況が続いている看護部もあります。これでは「看護の質を保証している」とは言えません。
 この研修は「患者に、より良い看護」を提供するために、部署、委員会の運営に携わる看護師長(管理者)が、どのように考え行動したらよいかを学びます。

講 師 講師:得丸尊子(とくまる・たかこ) ナーシングサポートセンターすばる代表
大分医科大学(現大分大学)医学部附属病院副看護部長 4 年、看護部長 6 年勤務。2006 年より、現職。
内 容 1.看護師長の役割確認
 〇マネジメントで成果をあげる。
 〇看護の質を保証する組織を構築する。
2.看護実践と標準化
 〇質評価の枠組みから見た「看護実践」
 〇標準化の必要性
3.「看護実践」を支える組織活動
 〇「看護実践」と組織活動の関係
 〇改善のための組織活動
 (1)標準化の推進;統一した安全な看護実践
 (2)継続的な教育
 (3)確実に実践する「仕組み」作り
4.看護部目標達成のための部署運営と委員会運営,そして連携
 〇組織の運営
 (1)ビジョン
 (2)計画
 (3)組織化
 (4)実践 結果
 (5)評価
 〇組織間の連携
 (1)看護部目標と委員会活動
 (2)看護部目標と部署活動
 (3)各委員会との連携
 (4)委員会と部署
 〇次の行動を生む会議
5.まとめ

研修目標
「患者により良い看護」を提供するために,「改善」に取り組む看護師長(管理者)の組織運営方法を学ぶ。
対 象 看護師長,副看護師長,副看護部長,看護部長
料 金 24,000円(税込) ※ネット配信サービス加入者は半額での受講が可能です!!
主 催 コ・メディカルアカデミー 募集・運営代行:お茶の水ケアサービス学院

福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.