介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>
  3. 2021年度 研修企画講座

2021年度 研修企画講座
研修の在り方の激変に対応し、人材育成に繋がる事業所内研修の実施に向けて
コロナ禍で、研修実施に不安を抱えている 研修担当者必見!

 今年度は、コロナウィルスの流行により、研修の在り方が大きく変わりました。 外部研修の相次ぐ延期や中止に伴い、必要な研修は事業所内で実施せざるを得ない状況になっているのではないでしょうか。
 研修担当者には、ニーズの把握からテーマの設定、参加者の調整、資料の作成等、多岐にわたる作業が求められます。介護業務等を行うかたわらでこれらの作業を担うことは、研修企画が専門の業務ではない研修担当者にとって、大変な労力を割かれるとともに多大な苦労をされていることと思います。
 本研修では、介護保険制度前より全国での研修を企画・運営し、介護業界ではいち早くインターネットによる研修を構築してきた専門家から研修企画のノウハウを習得することができます。加えて、ここ数ヶ月で激増した「オンライン研修」について気をつけたいポイント並びに、成功導く秘訣もお伝えします。
 全国の事業所から要望の多い研修のため、Zoomにて開催することにいたしました。講師に直接質問することができるため、研修担当者が現在抱えている悩みや不安の即時解決につながります。令和3年度の教育及び研修体制の整備に向けて本研修をお役立て下さい。

講 師 神 智淳
老年学修士、お茶の水ケアサービス学院 学院長、コメディカル・アカデミー学院長、日本健康医学会 監事

介護施設、国、自治体、公益法人等多数の育成プログラム構築に関わる。 福祉サービス第三者評価者、介護サービス情報公表の調査員の指導・育成に 従事。各公益団体との共同研究や外部評価に関する講演や執筆活動を行うと 共に、介護施設等のコンサルティングを行う。厚生労働省の老人保健健康 推進事業として、「福祉用具専門相談員の質の向上に向けた調査研究事業」の 検討委員、福祉介護テクノプラス編集委員等。
内 容 1.研修とは
2.研修担当者の心構えと姿勢
3.研修企画の基本
4.研修形式の視点(座学、演習、OJT)
5.職員の参加意欲を引き出すポイント
6.研修の効果を高める実践的手法
7.担当者の負担を減らす究極のテクニック
8.オンライン研修の活用法
9. 目的に合わせた研修報告書の作成法
研修受講方法 オンライン受講:Zoomによる参加
料 金 3,300円(税込)弊社フォローアップ研修ネット配信加入者は無料で参加可能!
主 催 お茶の水ケアサービス学院

福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.