介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>
  3. 「利益を生み出す」生活相談員の仕事術

「利益を生み出す」生活相談員の仕事術
〜相談援助と稼働率管理の両立を目指して〜

昨今、生活相談員の仕事において、相談援助(ソーシャルワーク)だけではなく、稼働率管理(経営的な仕事)の占める割合が高まっています。相談援助については、養成校や研修会等で学ぶ機会もありますが、稼働率管理については学ぶ機会すらなく、どうすればよいのか悩んでいる生活相談員も少なくありません。本研修では、ズバリ!生活相談員の行う稼働率管理に焦点をあて、さまざまなノウハウを伝授します。本研修を通して、相談員業務の引き出し(アイデア)を豊富にし、日ごろの悩みや課題を解消してもらえれば幸いです。
講 師 講師:口村 淳(くちむら・あつし)
特別養護老人ホーム淡海荘介護課長/博士(社会福祉学)/介護支援専門員/社会福祉士/介護福祉士

特養、ショートステイ、デイサービスの生活相談員を経て、現在は特養の介護課長として従事。同志社大学社会学部嘱託講師。主な著書『高齢者ショートステイにおけるレジデンシャル・ソーシャルワーク』(単著、法律文化社)、『稼働率アップ実践例とQ&A』(分担執筆、日総研出版)、『また利用したいと言わせるショートステイ相談援助・運営管理』(単著、日総研出版)、『利益を生み出す相談員の段取りと実践』(単著、日総研出版)。
研修内容 ◎ 「競争時代」の相談員の役割とは
◎ 現場と経営者の両方の期待に応えるには
◎ 特養相談員の中核業務は「入退所」
◎ デイ相談員の目指す方向性と戦略の立て方
◎ ショート相談員が行うアフターケアの重要性
◎ 法則を活用した「営業」の方法
◎ ケアマネジャーとの上手な関わり方
◎ 「ウリ(他社にない強み)」を見出す発想転換
◎ 稼働率を均一化させるテコ入れ方法
◎ 目指す方向は「狭く」から「広く」  ほか
※ 講義とグループワーク(情報交換)から成ります
受講料 10,800円(税込) ※ネット配信サービス加入者は半額での受講が可能です!!
主 催 お茶の水ケアサービス学院
対 象 特養、ショートステイ、デイサービスの生活相談員、管理者 施設(事業所)で稼働率管理に関わっている職員
支払方法 受講案内を送付致しますので、受講案内が届いた後お振込み願います。
福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.