介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>
  3. 看護師長のマネジメント集中研修

看護師長のマネジメント集中研修

 看護師長は部署の責任者として組織の運営を任せられています。地域包括ケアシステムにおいて,看護師長は,患者が置かれている地域全体を見ながら,看護師の役割を果たしていくことが求められます。部署の中にはいろいろな看護師がいます。「熟練者であるが,ひとりで行動する」「自分勝手に動く」「指示には従うが,自分から役割をとろうとしない」「チーム内のまとまりを大切にするが,リーダーにはなりたくない」など,さまざまな職員がいます。
 このさまざまなメンバーをいかに機能するチームに創り上げるかが,看護師長の手腕のみせどころです。 これまで看護師長として指揮をとられている方へは、マネジメントの再確認のために、これから看護師長になられる方、その予定の方へは、看護師長の役割やマネジメントについて、集中して学習する機会として学んでいただければ幸いです。
 看護師の責任を果たすために,看護師長がどのように行動したらよいのか,一緒に考えながら学びましょう。

講 師 得丸尊子(とくまる・たかこ) 
有限会社ナーシングサポートセンターすばる代表
大分医科大学(現大分大学)医学部附属病院副看護部長4年、看護部長6年勤務。2006年より、現職。
内 容 1. 看護師長の役割確認
 〇マネジメントで看護の成果を挙げる
 〇看護の質を保証する組織を構築する
2. 部署内の改善・変革に取り組む
 〇改善・変革に取り組むための思考過程
 〇部署のビジョンを描く
 〇マネジメント活動の進め方
 〇年間計画(目標計画立案)を提示する
 〇計画を実践するための組織化をする
 〇組織目標にそって活動した結果を 各組織から報告連絡相談を受ける
 〇各組織の活動について,看護の実際を確認し評価する
 〇年度末,1年の活動を評価後標準化する
3. 看護師長会の運営に携わる (会議・企画・委員会活動の推進)
4. 必要な情報を収集する (患者・看護師・看護部・病院・看護の動向・世の中の動き)
5. 自己の能力開発と部下育成 (次世代の看護師長・看護師育成)
主 催 コメディカルアカデミー
募集・運営代行 お茶の水ケアサービス学院
対 象 看護師長へ昇進予定の者,看護管理を見直したい看護師長,看護師長を指導する管理者
料 金 24,000円(税込)

福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.