介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>
  3. 介護職のための病気と薬の基礎講座

介護職のための病気と薬の基礎講座

医療と介護の連携の強化、医療ニーズの高い高齢者の増加などから、質の高い介護サービスを提供するためには、医学的な基礎知識の習得が必要不可欠です。本講座では、介護職として最低限知っておきたい高齢者に多い疾病と使われることの多い薬の理解を中心に講義を進めます。また、座学の講義だけではなく、ケーススタディやディスカッションを交えて交流を深めながら学んでいくため、「本当にわかる!」「現場で実践できる!」を体感できます。なお、福祉系職種の研修は、受講することが目的(ゴール)ではありません。研修を受講して得た知識や技術を、担当する利用者等に還元(提供)できて初めて目的を達成したといえます。本講座においても、研修を受講された方々が、介護現場でよりよいケアを提供できることを目的に、カリキュラムを構成しています。

講 師 講師:後藤佳苗(ごとう・かなえ)
千葉県介護支援専門員協議会理事/看護学修士/保健師/介護支援専門員/介護支援専門員指導者/介護予防指導者/認知症介護指導者/あたご研究所代表
内 容 カリキュラム
1.「医療外行為」の再確認〜介護職ができる行為、できない行為〜
2.医療知識が必要な理由〜介護保険制度の変遷とあわせて〜
3.バイタルサインの意味を再確認〜“何か気になる”を伝える〜
4.高齢者の心身の特徴と高齢者に多い疾病

老年症候群/脱水/便秘/低栄養/感覚器の老化/呼吸器疾患/心疾患/神経内科系の疾患/ 消化器疾患/糖尿病/骨・関節の疾患/精神疾患
5.剤の作用と役割
薬の作用と役割/原因療法と対症療法/薬効に影響する食べ物等 / 薬の有効期限と保管方法/薬の用法・服用時間の目安等/模擬事例演習
対 象 どなたでも受講可能
料 金 10,800円
福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.