初めての方へ
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 初めての方へ
 お茶の水ケアサービス学院は、保健・医療・福祉領域の教育、研究、外部評価を主な事業として活動しております。
 教育(研修)部門においては介護従事者や介護サービス事業者が質の高いサービスを提供できるよう、介護分野の様々な研修、講演会を企画・運営をしております。また、多くの自治体、厚生労働省外郭団体、公益法人、職域団体の研修カリキュラムの構築や研修運営にも携わっています。生活環境分野の研修(福祉用具専門相談員指定講習会や福祉用具供給事業従事者研修、福祉用具供給事業従事者現任研修)と介護予防分野の研修(介護予防運動指導員養成研修)については業界で最も実績が多く、日本でも著名な講師による研修を実施しています。
 研究部門においては、自治体や公益法人と共同研究を積極的に展開しています。高齢者の住宅改修状況の調査から、研修のプログラムの開発、電子技術を用いた研修媒体(e-learning)の有用性についても研究しています。
 外部評価部門においては、東京都の介護サービス情報公表の指定調査機関として介護事業所の調査を実施しているほか、調査事務所の資質の向上も図っています。また、福祉サービス第三者評価では、当学院の第三者評価者が各評価機関と連携・協力することにより、福祉の透明性の確保に貢献しています。
 今後も、引き続き学院では保健・医療・福祉のサービス向上のために努めて参ります。

 

■ お茶の水ケアサービス学院の目指すもの

 ・超高齢社会の幸福の実現
 ・業界全体の資質の向上

■お茶の水ケアサービス学院の取り組み

 ・介護学および介護技術の体系化に努めます。
 ・介護学および介護技術の普及啓発に努めます。
 ・介護に携わる高度な専門家の養成を致します。

■当学院の特徴

福祉用具専門相談員指定研修の実績は業界首位

学院創設以来、福祉用具と住環境整備の研修では日本をリードしてきております。特に福祉用具の分野では日本のトップの研修機関として教育プログラムの開発、福祉用具モニタリングの研究を行っております。

介護フォローアップ研修を開催

介護フォローアップ研修を体系的に行う教育機関は、まだ日本でも多くありません。当学院では介護保険制度施行前より一貫して資質の向上に努めてきました。

医療・福祉の団体,自治体,厚労省管轄公益法人との連携

保健・医療・福祉の職域団体や公益法人と連携し共同研究、モデル研修、カリキュラムおよびテキスト作成等を行っております。

■福祉用具専門相談員の資格を取得すると以下のことが出来ます。

 ・福祉用具の貸与事業及び販売事業。(全国で可能)
 ・利用者のアセスメントや、福祉用具の相談業務
 ・福祉用具の調整、使用方法の指導、福祉用具の修理
 ・利用者のニーズにあった幅広い選択肢の提供
 ・物的環境整備による高齢者のQOL向上の実現

■当学院の福祉用具専門相談員指定講習会は…

 ・実績は、業界首位。研修で使用する福祉用具も充実!
 ・研修後のフォローアップも万全
 ・短期間(5日間)で修了。修了証は即日発行
 ・欠席しても補講で対応

福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.