介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>
  3. 介護記録向上研修

記録を書くことへの苦手意識がなくなります!記録が楽しくなる!
夕方6時開始!!介護記録向上研修

 法令遵守からサービス向上への記録⇒【記録の目的と基本】
 連携強化のために ⇒ 【いつ、誰が読んでもわかる記録】
 気づきを促す記録の視点⇒【誰でも簡単に書ける書式とは】
 負担軽減と充実の仕組み作り⇒【書式の見直しと体制整備】


介護記録の可能性に気づき、考え方が変わる! 記録負担の軽減と記録の活用(充実)に繋がります!
 多忙を極める現場において、介護記録は介護業務を圧迫する大きな要因となっています。更に、記録を苦手とする職員も多く、記録の充実が図ることは簡単ではありません。そこで、今回は、記録の負担を減らすための書式の改善、職員が考えなくても書ける(気づきを促す)書式の視点、記録を充実させる仕組み作り、記録の活かすための記録の書き方、情報共有するための記録の知識について豊富な事例を交えながら勉強します。一方、多くの方が参加できるよう夕方6時から開始するコンパクトなカリキュラムにしました。コンパクトではありますが、理論的かつ実践的な内容に凝縮しています。是非この機会に奮ってご参加いただき、事業所における記録の充実の一助にしていただけることを願っております。
講 師 神 智淳 氏
お茶の水ケアサービス学院 学院長、老年学修士

福祉サービス第三者評価者、介護サービス情報公表の調査員の 指導・育成に従事。各公益団体との共同研究や外部評価に関する 講演や執筆活動を行うと共に、介護施設等のコンサルティングを 行う。厚生労働省の老人保健健康推進事業として、「福祉用具専 門相談員の質の向上に向けた調査研究事業」の検討委員。
研修内容 【 カリキュラム 】
介護記録の目的
記録における重要な視点
記録に求められる基本要素
記録を確認するためのポイント
考えなくても書ける書式の改善
気づきを促す書式の視点
受講料 6,000円(税込)
主 催 お茶の水ケアサービス学院
支払方法 受講案内を送付致しますので、受講案内が届いた後お振込み願います。
福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.