介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>
  3. 組織におけるリーダー看護師の責任と業務改善への取り組み

次世代を担うリーダー看護師に必要なマネジメントの知識とその考え方(1)
組織におけるリーダー看護師の責任と業務改善への取り組み

 リーダー看護師は,臨床現場では看護実践者として指導的役割を担うとともに,看護チームの中核としてチーム全体がうまく機能するように気配りをします。常に全体を見ながら「今,私は何をしたらよいか」と考えながら行動します。リーダー看護師は,次世代を担う重要な看護師です。この時期にいる看護師は多くの悩みを抱え,今後の進路についても考えています。管理職になろうとしている人,エキスパートの道へ進もうとする人,研究者や教育者の道へ舵をきろうとしている人もいるでしょう。このような時期に,「看護」「組織」「リーダーシップ」等について,考える時間を持ちませんか? 看護師の本来の業務である「患者の問題」を解決し,「看護実践」により看護師としての成果をあげる看護チームの構築に貢献しましょう。リーダー看護師が知っておいてほしいと思われる知識を確認し,どのように考え,行動すればよいかを,3回に分けて行います。1回(8時間)完結としますので,どれを受講してもかまいません。今回は,組織の中での「私」(リーダー看護師)の位置づけと責任そして業務改善への関わりとして,どのように考え行動したらよいかを学習します。
講 師 得丸尊子(とくまる・たかこ)
有限会社ナーシングサポートセンターすばる代表

大分医科大学(現大分大学)医学部附属病院副看護部長4年、看護部長6年勤務。2006年より、現職。
研修内容 1. リーダー看護師の責任
(1)看護は対象の自然治癒力を高めるように働きかけ,生活を支援する
(2)看護業務には2種類ある
(3)看護実践で重要なことは,患者の問題を解決すること
(4)組織の中の「私」(リーダー看護師)は組織全体を考え, 「何をしたらよいか」を熟慮し行動する
(5)リーダー看護師の責任は, 看護実践家としてのモデルとなり, 看護チームで成果を出すことである

2. 知っておきたいこと
(1)看護実践者として提供する看護の質保証
(2)病院看護部の社会的責任と守るべき法律,診療報酬改定等
(3)マネジメントの基礎知識
(4)問題解決技法

3. 改善に取り組む
(1)現状を知る:「あるべき姿」と「現状」のギャップが問題
  〇看護の質保証の現状:看護実践 〇組織文化
(2)私が考えている看護の「あるべき姿」を,看護師へ伝える
(3)年間計画を提示する(動機づけ,基準手順改訂,教育,実践含む)
(4)計画を実践するための組織化をする
(5)組織目標に沿って活動した結果を,上司に報告連絡相談をする
(6)組織の活動について,看護の実際を確認し,評価する
(7)年度末,1年の活動を評価後「標準化」する
受講料 24,000円(税込)(2日間)
対 象 リーダー看護師,副看護師長,主任等
主 催 コ・メディカルアカデミー 募集・運営代行 お茶の水ケアサービス学院
支払方法 受講案内を送付致しますので、受講案内が届いた後お振込み願います。
福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.