介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>
  3. 褥瘡予防のための状況別ポジショニング

褥瘡予防のための状況別ポジショニング

〜ご利用者、患者様のどのような状態の方にどんなポジショニングを行えばいいのか〜

 施設、在宅を問わず褥瘡の発生は利用者のQOLを著しく低下させ感染症のリスクも高めます。また、「褥瘡の発生率がサービスの質を表す」と言っても過言ではありません。
 まずは、褥瘡が発生しないように未然に防ぐことが基本であり、もし褥瘡が出来てしまったとしても、可能な限り早く治癒することが重要になってきます。褥瘡の予防及び悪化の防止(早期の治癒)において、ご利用者、患者様の生活を支えるためのポジショニングの知識と技術は、専門性が高く、ポジショニングの仕方ひとつで褥瘡が発生したり、変形・拘縮を増強してしまったりすることもあります。時には、ポジショニングを実践する看護者、介護者の健康を害することもあるのではないでしょうか。本セミナーにおいては、ポジショニングの基本について、ズレの解放、症状・状況別のポジショニングの理論と技術を学びます。本研修をご受講頂き、褥瘡のリスクを減らしていただける事を願っています。

講 師 講師:加島 守
理学療法士 高齢者生活福祉研究所所長

昭和55年医療ソーシャルワーカーとして勤務後、理学療法士資格取得。越谷市立病院、武蔵野市立高齢者総合センター補助器具センター勤務を経て平成16年高齢者生活福祉研究所設立。新潟医療福祉大学非常勤講師、国際医療福祉大学大学院非常勤講師、財団法人保健福祉広報協会評議員、厚生労働省「身体拘束ゼロ作戦推進会議ハード改善分科会」委員、福祉用具(車いす)適合技術に関する調査研究委員など高齢者の医療福祉分野全般で広く活動中。在宅介護ですぐに役立つ福祉用具の基礎知識(シルバー産業新聞社)
内 容 1.ポジショニングの基本
2.ポジショニング技術
  ズレの解放
3.症状・状況別ポジショニングの実際
  屈曲拘縮のあるケース
  円背のあるケース
  伸展拘縮のあるケース
  食事・胃ろう等ベッド上座位姿勢等
主 催 主催:コメディカルアカデミー  募集代行:お茶の水ケアサービス学院
対 象 どなたでも参加可能
料 金 12,000円
支払方法 受講案内を送付致しますので、受講案内が届いた後お振込み願います。
福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.