介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>
  3. 認知症対応研修(認知症の理解と接し方の基本)

認知症対応研修(認知症の理解と接し方の基本)
−認知症高齢者の笑顔あふれる支援のために−

認知症高齢者が450万人を超える等、日本の介護現場を取り巻く環境は短い年月で急激に変化しています。認知症高齢者が増加する中で、介護従事者及び事業所の認知症に関する考え方やサービス内容(接し方)、事業所の体制が充分に追い付いていない現状も大変多く見受けられます。
認知症に関する知識が不足し、利用者の真の思いを気付かずにケアすることは、認知症高齢者の不安を増長し、場合によってはBPSD(周辺症状−徘徊、不潔行為、暴力・暴言、昼夜逆転等と呼ばれていた)が現れ、認知症高齢者とともに介護者にも大きな苦痛を与えてしまいます。認知症高齢者に心地良く生活して頂くことが、介護従事者にとっても介護負担を軽減する上で、極めて重要です。そのためには、介護職員が正しい認知症の理解と接し方の基本をおさえて、認知症高齢者と接することが求められます。このことにより、認知症高齢者が見せる姿(行動、表情、言動等)から、利用者の状態(認知症の種類や心理等)に気付き、適切なケアに結び付けることが可能となります。
本研修では、認知症の種類により見せる姿をパターン化し、分析を通して、実際のケアに結び付けるための基礎を学ぶ研修会に致しました。是非この機会にご受講頂き、認知症高齢者とともに家族や介護にかかわる人の幸せ・笑顔を目指して頂きたいと考えております。

講 師 講師 田島 利子氏 ≪介護福祉士・介護支援専門員・認知症ケア専門士≫
現職 介護事業部統括マネージャー グループホーム管理者
内 容 認知症の種類別の特徴を説明できますか? 特徴が分からなければ、適切な接し方が出来ません!!

1. 認知症の理解
2. 認知症の種類別特徴の理解
3. 見せる姿のパターン化と接し方を考える
4. 演習
対 象 全ての介護従事者
料 金 10,800円
福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.