介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>
  3. 厚生労働省指定講習会 医療的ケア教員講習会

 申込確認書はコチラをクリックして印刷してください(PDF)
※ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

厚生労働省指定 医療的ケア教員講習会

平成24年度より厚生労働省の指定する喀痰吸引に関する研修(現在は50時間)の受講をすると介護職員等が施設において喀痰吸引または経管栄養を実施することが出来るようになりました。
一方、厚生労働省の指定する喀痰吸引に関する研修(現在は50時間)においては事業所における実地研修が義務付けられており、その実地研修は基本的には所属する事業所で行われることが(実地研修のリスク面からも)主流となっています。所属する事業所で実地を行うには、自分の事業所において本研修(医療的ケア教員講習会)を修了している正看護師が「厚生労働省の指定する喀痰吸引に関する研修(現在は50時間)」の受講者の評価・指導を担うことになります。
本研修では制度の解説、介護職員等に認められた安全な医行為の提供、清潔保持と感染予防等を座学にて理解を深め、演習においては、介護職員等にどう指導すればいいのかというポイントとその技能の向上を徹底的に図ります。大変豊富な指導経験と実績のある講師に1日みっちり鍛えていただく内容となっております。医療的ケア教員の資質向上を通して、実践的な知識及び技術を伴った介護職員等を養成することを目的とします。
現場で指導するための参考となる評価基準と評価表、手順書、サブテキスト付

★介護職員への喀痰吸引及び経管栄養の指導・教育(指導看護師となれる)
★実務者研修の「医療的ケア」の講師
★介護福祉士実務者研修修了者の実地研修の指導看護師(28年度より)
★登録喀痰吸引等事業者の介護福祉士に対する実地研修の指導看護師


講 師 大瀧厚子(おおたき・あつこ)
医療的ケア教員指導者/看護師/保健師/介護支援専門員/元特別養護老人ホーム施設長
内 容 1.制度の概要 介護職員等による医療的ケアの実施に関する制度の概要
2.医療的ケアの基礎 感染予防、安全管理体制等について基礎的知識
3.喀痰吸引 喀痰吸引について基礎的知識、実施手順及び指導・評価方法
4.経管栄養 経管栄養について基礎的知識、実施手順及び指導・評価方法
5.演習(4時間) 喀痰吸引及び経管栄養の演習に係る指導・評価方法
※修了後、「医療的ケア教員講習会修了証」を発行。
対 象 医師・保健師・助産師または正看護師の資格を取得した後、5年以上の実務経験を有する方。
福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.