介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>
  3. 介護記録研修会

 申込確認書はコチラをクリックして印刷してください(PDF)
※ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

介護記録研修会 〜記録の知識と技術を包括的に学ぶ〜

1、記録の整備により、質の高いサービス提供を実現!!
『介護記録』は、利用者に質の高いサービスを提供する上で、とても重要です。職員間の情報の共有はもちろんのこと、利用者の状態や変化、実際のサービスの提供の経過等を適切に記録することは、利用者の今後の変化等を予測することにも繋がり、事故を未然に防いだり、状態変化に直ぐに対応できる等、利用者に体系的なサービスを提供するためには必要不可欠です。介護従事者に改めて「記録の目的・意義・重要性」をご理解頂き、実践的な記録の知識と技術を習得することを目的に本研修会を企画いたしました。
2、介護記録は介護の証であり、介護業務のバトンです。
『介護記録』は利用者や介護の姿が思い浮かぶものにすることが望まれます。適切な記録は、日々の介護業務に『気づき』を与え、利用者、職員、事業所を守り、職員間・事業所間の連携がスムースになることも期待されます。記録の不備により、生命に危機をもたらすこともあり、必要な記録を残す技術が求められます。
事業所によっては良く『特変なし』と記載されることがありますが、利用者の変化に気づけない状況であることを表しているのかもしれません。
3、『法令遵守』に対応する記録ですか。
法令遵守を基本とした、記録に関する知識も持っていなければ、適切な記録とはいえません。特に記録に関しては、改ざんや不適切な記録方法がないように、記録を整備する必要があります。
4、この機会に『介護記録』の基本を総点検してください。
記録作成の際に、必要なポイントについて事例や演習を通して学びます。 介護従事者の「記録」の技術と知識を点検するために、本研修をお役立てください。

講 師

石橋 亮一先生

カリキュラム

研修内容
1.介護記録の目的と重要性(座学)
2.介護記録の課題と整備(座学)
  1.記録の知識と技術
  2.記録の確認のポイント(事例を交えて)
  3.分かりやすく正確な記録の基本視点
  4.書式の改訂の基本知識
3.介護記録の書き方(個別演習)
  1.介護記録の実践
  2.介護記録の確認

介護場面の映像を基に実際に記録を書いて確認します

対 象 どなたでも参加可能です。
料 金 9,300円
福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.