介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>バリデーションを取り入れるための必要な基本理論とその実技

 申込確認書はコチラをクリックして印刷してください(PDF)
※ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

バリデーションを取り入れるための必要な基本理論とその実技

認知症の方との対話法「バリデーション」が注目を集めています。2015年4月、テレビ朝日「スーパーJチャンネル」にてバリデーションの実践風景が放映されました。2016年1月、「日経ヘルス」にバリデーションが取り上げられました。バリデーションは、認知症の方に対して、尊厳と共感をもって関わることを基本とし、尊厳の回復、引きこもらないように援助します。このバリデーションは、認知症の方だけでなく、介護者またはご家族にも役立ちます。コミュニケーションがラクになり、認知症の方やそのご家族のストレスやフラストレーションの軽減にもなります。国内におけるバリデーションの第一人者、都村尚子先生にわかりやすく事例を交えて教えていただき、午後の後半では、実際に実技にも取り組んでいただきます。

講 師

講師:都村尚子(つむら・なおこ)
関西福祉科学大学社会福祉学部教授/臨床教育学博士/
バリデーション・ティーチャー

現在、関西福祉科学大学社会福祉学部の教授として、普段は教壇に立ちながらも、さまざまな高齢者施設からのご要請が多く、全国各地に飛び、実際の認知症の方と向き合い、バリデーションを実践。その模様を施設内研修し、今後のケアに生かすなどその普及に努められています。昨年2月に関西テレビ「アンカー」、9月に関西テレビ「ザ・ドキュメント」(ギャラクシー賞受賞)他、バリデーションの実践模様が放映されました。先生は、臨床教育学博士号、認定バリデーション・ワーカー、グループプラクティショナー、プレゼンター、そしてティーチャーの資格をお持ちです。
内 容

カリキュラム
1.バリデーションとは
2.バリデーションの基礎理論 〜認知度をしっかり見極める〜
3.ケースによるバリデーションの効果 〜事例を通して認知症の方の世界を理解する〜
4.ワーカーによるバリデーションの実践 〜実践の模様を映像で理解する〜
5.バリデーションの基礎実技 〜現場で実践するために基礎実技を習得する〜

対 象 どなたでも受講可能
料 金 11,000円
福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.