介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>
  3. 認知症高齢者とのコミュニケーション力の向上研修

 申込確認書はコチラをクリックして印刷してください(PDF)
※ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

認知症高齢者とのコミュニケーション力の向上研修

 認知症高齢者が450万人を超え、日本の介護現場を取り巻く環境は短い年月で急激に変化しています。認知症高齢者が増加する中で、認知症に関する考え方や接し方等に関して、介護従事者のスキルや事業所の体制が充分に追い付いていないのが現状です。
 また、介護の現場では、認知症高齢者の思いに気付けずに、その場しのぎのコミュニケーションを取ってしまうこともよく見受けられます。介護職員が認知症高齢者との適切なコミュニケーションを図れず、介護従事者が利用者との関係性が築けないことで、利用者の不安や不満が増長し、BPSD(行動・心理症状−周辺症状)が現れてしまうケースも多いのではないでしょうか。
 認知症高齢者は自分の思いを上手に伝えることが出来ないことも良くあるため、介護従事者側が『利用者の思い』に気付けるようにすることがとても重要です。
 利用者の笑顔溢れる生活を支えるための最初のステップは、『利用者の思いに寄り添う』ことです。そのためには、専門性の高い『認知症高齢者とのコミュニケーション技術』が必要不可欠です。
 認知症高齢者の立場(認知症の種類や特徴)を理解したうえで、言語のみのコミュニケーションに留まらず非言語のコミュニケーション(表情からスキンシップに至るまで)をどのように図るかを学べる研修会を企画致しました。
 本研修会の参加を通して、更なるスキルアップに繋げて頂けたら幸いです。

講 師 田島 利子氏先生
介護福祉士、介護支援専門員、認知症ケア専門士 日本でもモデル的なグループホームの礎をつくったグループホーム管理者。現場の業務に精通したスペシャリストで、介護現場の実情を踏まえた実践的な講義が好評。全国にて介護従事者の育成に尽力。
カリキュラム 1.認知症の基本的理解
2.認知症高齢者の対応(基本姿勢−関わり方の基本)
3.認知症高齢者とのコミュニケーション
 コミュニケーションとは
 認知症高齢者のコミュニケーション障害の理解
 良いコミュニケーションを取るための大切な視点
4.実践的技術(認知症介護での「禁句」と「言い換え」
対 象 全ての介護従事者(先着60名)
料 金 10,300円
福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.