介護フォローアップ研修
  1. 福祉用具専門相談員のお茶の水ケアサービス学院TOP>
  2. 介護フォローアップ研修>摂食及び嚥下に関する基礎研修

 申込確認書はコチラをクリックして印刷してください(PDF)
※ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

摂食及び嚥下に関する基礎研修
〜楽しく(美味しく)安全な食事の提供に向けて〜

要介護高齢者において、食事は大きな楽しみの一つです。しかし、口腔機能の低下により、美味しく食事を取ることが難しくなるだけではなく、時には誤嚥を起こすなど、生命におけるリスクを高めてしまうこともあります。
楽しく(美味しく)安全な食事をするためには、食事の本質的な理解のもと、アセスメントから実際の支援に至るまで、摂食・嚥下に関する知識・技術を習得することが必要不可欠です。
そこで、食事の意義、摂食及び嚥下、食事介護(姿勢、用具の活用、スプーンテクニック)、アセスメント、支援技術、口腔ケア、口腔機能向上について網羅し、事例等も含めた理解が深まるカリキュラムに致しました。 
是非この機会に本研修をご受講いただき、利用者の楽しく(美味しく)安全な食事の提供に結び付けて頂くことを願っております。

講 師 講師 佐藤 彰紘(作業療法士、目白大学専任講師)
山梨大学大学院医学工学総合教育部卒業(医科学修士)。日本摂食嚥下リハビリテーション学会会員。山梨在住時に歯科医師や言語聴覚士,管理栄養士らとともに「摂食嚥下さぽーとやまなし」の発起人として,研修会の企画・実施,近隣施設への訪問指導などを行う。現在は,摂食嚥下リハビリに関する種々研修会で講師を務めるとともに,現場では,「介護スタッフが現場で行える摂食嚥下リハビリ」をモットーに指導を行い,肺炎での入院者数を1/3まで減らすことにも成功している。
カリキュラム
1.食事の意義 1.摂食嚥下支援を取り巻く環境
2.食事支援の課題
2.摂食嚥下の基本事項 1.基本の解剖学 2.摂食嚥下のプロセス
3.主な誤嚥のリスク要因とその対処方法 1.摂食具の不適合とその対処
(含スプーンテクニック)
2.姿勢不良とその対処
3.食塊形成困難とその対処
(含食形態・トロミの考え方)
4.施設でできる嚥下障害のスクリーニング検査 1.各種評価方法
2.非VF系フローチャート
5.口腔機能向上のためのトレーニング 1.食べ物を用いない基礎訓練の方法
6.口腔ケアの重要性とその方法 1.口腔ケアの重要性 2.口腔ケアの方法
7.事例紹介 1.脳卒中 2.認知症 3.その他
対 象 全ての介護従事者(先着60名)
料 金 10,300円
福祉用具専門相談員の資格取得や講座受講をするなら業界首位の実績を誇る、お茶の水ケアサービス学院
Copyright(C) 福祉用具専門相談員養成機関 お茶の水ケアサービス学院. All Rights Reserved.